する予定があるときは 買う ステンレス鋼板、材料の厚さ、グレード、表面仕上げなど、いくつかのことを考慮する必要があります。これらの詳細を知っておくと、買い物のプロセスが簡単になります。この記事では、次の利点についても説明します。 ステンレス鋼板.ステンレス鋼の製造と加工の専門家である TBK Metal が、完璧なものを見つけるのに役立つヒントをいくつか紹介します。詳細については、読み続けてください。そして、買い物をすることを忘れないでください!

ステンレス鋼板の購入方法に関するベスト 7 のヒント | TBKメタル

ステンレス鋼板の購入方法に関するヒント

ステンレス鋼板の購入を計画する際には、次のことを認識して覚えておく必要があります。考慮しなければならない要因の中には、その強度、延性、および頑丈さがあります。この記事では、これらのことについて詳しく説明します。また、そのさまざまな用途についても学ぶことができるため、幅広い用途に最適な素材です。

ステンレス鋼板の強度

ステンレス製品を作る必要がある場合、ステンレス鋼板の強度をどのように決定するのか疑問に思うかもしれません.シートは、さまざまなグレードとタイプで利用できる金属の一種です。各グレードは、異なる目的に適しています。作りたいものによって、目的に合ったシートが見つかります。ステンレス鋼は、食品の準備や建設によく使用されます。

ステンレス鋼は、少なくとも 10.5% クロムを含む鉄ベースの合金です。この化学元素は、ステンレス鋼にその名前を付けます。ステンレス鋼板は、通常、厚さに応じてプレートまたはロールの形で製造されます。ステンレス鋼板の種類と特徴をご紹介します。必要なタイプは、ステンレス鋼の使用目的によって異なります。ステンレス鋼は、その強度と成形性から、板金部品の一般的な選択肢です。

ステンレス鋼板の延性

ステンレス鋼板の延性は、加工プロセスの材料を選択する際の重要な特性です。この特性は、材料が破砕する前に耐えることができる歪みの量を指します。この特性は、疲労亀裂の伝播のリスクを軽減するため、設計者および製造プロセスにとって重要です。延性も設計基準です。さまざまな鋼規格では、初期設計プロセスで行われた仮定が有効であることを保証するために、特定の最小延性が必要です。

合金元素が異なれば、熱処理に対する反応も異なります。熱処理では、材料をそのピーク温度から所定の速度で冷却します。また、製造過程で機械加工を伴う場合があります。たとえば、スチールを圧延する場合、プロセス中に金属の速度が低下します。素材が厚いほど、強度があります。ただし、常にそうであるとは限りません。適切な化学的適合性チャートは、適切な選択を行うのに役立ちます.

ステンレス鋼板の厚さ

ステンレス鋼板は、装飾および構造目的で多くの産業用途に使用されています。キッチンのカウンタートップに人気のあるステンレス鋼は、木製のベースの上に置くことができ、キッチンのバックスプラッシュの仕上げとして人気があります。これらの金属板は、多くの電化製品、機械、自動車、飛行機のボディにも使用されています。多くの金属加工業者はステンレス鋼板を使用しており、電子機器メーカーは機器のケーシングや操作部品の一部にステンレス鋼板を使用しています。

ステンレス スチール シートは比較的薄い金属で、通常は最高で 6 mm (1.6 インチ) です。メーカーによっては厚みがミリではなくゲージで表記されている場合もあるので、厚みを確認してから購入することが大切です。ほとんどのステンレス鋼サプライヤーは標準のシート サイズを扱っていますが、カスタム サイズを要求することができます。ステンレスはとてもしなやかなので、裂けずに簡単に曲げることができます。

ステンレス鋼板のグレード

ステンレス鋼板を購入するときは、ステンレス鋼のグレードを知ることが重要です。 AISI (アメリカ鉄鋼協会) の等級付けシステムでは、整数を使用して食器のステンレス鋼の含有量を示します。ステンレス鋼板の等級は、板金に含まれるクロムまたはニッケルの量を示し、その後の数字は板の化学組成を示します。必要な最小炭素含有量が含まれていないため、ストレートグレードの製品は避ける必要があります.

ステンレス板にも厚みがあり、使い分けができます。ステンレス鋼板は、ステンレス鋼板よりも厚いことが多く、カスタムサイズのピースで入手できます。厚い部分は一般的に重くなりますが、強度が増す可能性があります。これらの材料は、冷蔵庫、食器洗い機、格子などの製造によく使用されます。ステンレス鋼板は、建設、化学産業、食品サービス、および輸送用途で一般的に使用されています。

ステンレス鋼板の表面仕上げ

ステンレス鋼板の表面仕上げは、模様付きのものとフラットなものがあり、使用目的によって大きく異なります。平らなシートは一般に建築用途で使用されますが、パターン化されたシートはテクスチャーのある外観を持っています。着色されたステンレス鋼はさまざまな質感を持ち、通常は 水波紋ステンレス鋼板, ブラシステンレス鋼板, ミラーステンレス鋼板 または他のオプション。ミル仕上げはステンレス鋼の基本的な供給条件ですが、ほとんどの場合、追加の仕上げ手順が必要です。

ステンレスの板を選ぶと、ブラッシュ仕上げから鏡面仕上げまで数種類の仕上げがあります。ステンレス鋼板の表面仕上げは、装飾用途の設計要素であり、摩擦、摩耗、メンテナンス、および耐食性に多くの影響を与えます。表面仕上げの決定をサプライヤーに委ねないでください。また、サプライヤーの好みに基づいて仕上げを選択しないでください。代わりに、標準的な業界指定を指定してください。

ステンレス鋼板の用途

市場にはさまざまな種類のステンレス製品があり、ステンレス鋼板もその 1 つです。この資料に関する情報は多くないため、ビジネス オーナーにとって、この資料がどのような用途に使用されているかを知るのは難しい場合があります。この記事では、ステンレス鋼板のさまざまな用途のいくつかの例について説明します。それらすべてに共通するのは、強度が高いということです。ステンレス鋼板は、用途に応じてキッチン用品から医療器具まで幅広く使用できます。

ステンレス鋼は非常に腐食しにくく、錆びにくいため、配管や海洋用途に最適です。掃除のしやすさも細菌を遠ざけるのに役立ちます。さらに、掃除が簡単で、ビジネス オーナーは抗菌クリーニング製品を使用できます。世界最大の少量金属サプライヤーである Metal Supermarkets は、1985 年以来顧客にサービスを提供してきました。ステンレス鋼板の市場にいる場合は、豊富な在庫と顧客サービスをチェックすることを忘れないでください。

ステンレス鋼板の加工性

ステンレス鋼板は、幅広い用途に最適です。用途が広く、耐久性があり、取り扱いが簡単なため、多くの用途に最適です。ステンレス鋼は、少なくとも 10.5% クロムを含む用途の広い鋼合金であり、切断から製造まで、幅広い産業プロセスに必要な耐腐食性を備えています。ステンレス鋼は、用途に応じて、さまざまなゲージと厚さで入手できます。

ステンレス鋼板を購入する際は、適切な素材を選択することが重要です。異なる合金は、異なるレベルの耐食性と加工性を提供します。最も一般的な合金は 304 で、より高価なタイプは 316 です。ステンレス鋼板のサプライヤーは、必要な特定のグレードを提供できます。すべての合金がすべての種類の化学物質と互換性があるわけではないため、用途に最適なグレードを選択することが最善です。決定を容易にするために、化学的に適合する合金のリストを見つけることができます。

ステンレス鋼板の利点

ステンレス鋼の利点はたくさんあります。非常に耐久性が高く、メンテナンスが少ないだけでなく、リサイクルも可能です。その他の利点には、非磁性特性と衛生特性が含まれます。このタイプの金属が自分に適しているかどうか疑問に思っている場合は、読み進めて、アプリケーションでの使用を検討すべき理由を確認してください。結局のところ、さまざまな種類のプロジェクトに最適です。

耐久性と低メンテナンス

ステンレス鋼は、少なくとも 10.5% クロムを含む耐食合金鋼です。低炭素グレードは大気腐食に耐性がありますが、高合金グレードはほとんどの酸性およびアルカリ性環境で耐食性があります。ステンレス鋼は、高温高圧下でも優れた耐食性を発揮します。メンテナンスの手間がかからないため、さまざまな用途に適した魅力的で長持ちする素材です。ステンレス鋼は、環境にやさしく、リサイクル可能で、製造も容易です。

非磁性金属

ほとんどのステンレス鋼は非磁性ですが、加工すると磁性を帯びるステンレス鋼もあります。タイプ 304 などのフェライト系ステンレス鋼には、高レベルのニッケルとモリブデンが含まれています。非磁性鋼には、磁気特性の低いオーステナイトが大量に含まれています。ステンレス鋼には、リチウムに似た構造を持つアルミニウムも含まれています。そのため、それらは非磁性ですが、高磁場によって磁石に引き付けられる可能性があります。銅は導電性があるため、磁石と相互作用することもできます。

衛生的な用途

ステンレス鋼板は、高温に耐えるように設計されたクラッドの一種です。このタイプのクラッディングは、食品が高温にさらされる業務用キッチンや、より強力な衝撃保護を必要とする交通量の多いエリアでの使用に最適です。また、食品準備の表面が特定の抗菌表面の対象となる製薬研究所にとっても最適なオプションです。家庭用またはビジネス用にステンレス鋼を検討している場合でも、数え切れないほどの用途に驚かれることでしょう。

手頃な価格

ステンレス鋼は非常に手頃な価格の金属であり、さまざまな用途に最適です。また、素材はリサイクル可能で、性能を損なうことなく再利用できます。ステンレス鋼シートは、ほぼすべての板金用途で見られるため、リサイクルされることがよくあります。したがって、その価格は手頃な価格のピースあたりの利点でもあります。ステンレス鋼板の市場にいる場合は、TBK メタルなどのサプライヤーからの購入を検討する必要があります。

可鍛性

ステンレス鋼板の可鍛性は、計画しているプロジェクトによって異なることに注意することが重要です.一般に可鍛性とは、硬すぎず、柔軟で薄い鋼板であることを意味します。金属の伸び率によって、金属が壊れずにどれだけの曲げや成形に耐えることができるかが決まります。伸び率が大きいほど、金属はより柔軟になります。

リサイクル性

ステンレス鋼は、入手可能な最も環境に優しい材料の 1 つです。素材は100%リサイクル可能です。 1 トンのステンレス鋼をリサイクルすることで、2,500 ポンド以上の鉄鉱石、1,400 ポンドの石炭、および 120 ポンドの石灰岩を節約できます。また、ステンレスを加工して原材料のほとんどを再利用できるため経済的です。無駄を省くために、ステンレス鋼のスクラップをリサイクルすることもできます。

結論

ステンレス鋼板は、電化製品や建築材料など、さまざまな用途に使用される汎用性の高い材料です。シート メタルを成形するプロセスにより、厚さ 6 mm までのシートを含む形状に簡単にカットできます。より厚いシートはプレートとして分類され、より工業的な用途に使用されます。形状を形成するだけでなく、ステンレス鋼を研磨して耐食性を高めることもできます。

ステンレス鋼板は、10.5% クロムを含む鉄基合金の一種です。この要素は、腐食や錆の発泡に抵抗する鋼上に不動態層を形成します。合金には 1.2% の炭素も含まれている必要があります。他の要素もさまざまな比率で存在します。用途に応じて、最適なグレードをお選びいただけます。ステンレスの板金は耐久性に優れており、家電製品や建材などに多く使用されています。

コメントを残す