ステンレス鋼板には多くの用途があります。構造的なサポート、さまざまな機器のベース プレート、フローリング、ブラケット、その他多くの部品に使用できます。ステンレス鋼板は、建築プロジェクト、製薬産業、食品加工、水処理、化学産業など、いくつかの産業で使用されています。高温環境での使用にも最適です。 カスタムカットステンレス鋼 あらゆるタイプのプロジェクトに最適なオプションです。

カスタム カットのステンレス鋼を購入する 6 つの理由 » ウィキ便利TBKメタル

ステンレス鋼は、その厚さに応じて、さまざまな方法でカスタム カットできます。一般的には、レーザー切断が使用されます ステンレス鋼板.レーザー切断は、ステンレス鋼の厚さと形状をカスタマイズする最も一般的な方法です。ほとんどのステンレス鋼サービス センターがこのサービスを提供しています。また、シートを含むパンチング メタル製品でも利用できます。カスタム カット ステンレス鋼の仕組みの詳細については、専門の会社にお問い合わせください。 ステンレス鋼 製造.

カスタムカットステンレス鋼板を購入する理由

カスタムカットのステンレス鋼シートを使用することには、いくつかの利点があります。 1 つは、人件費の削減です。材料の無駄も省きます。さらに、高価な処理施設を避けることで、お金を節約できます。これらの利点により、コストに見合うだけの価値があります。カスタムカットを選択する理由は他にもいくつかあります。続きを読んで、もっと発見してください!カスタム カットのステンレス スチール シートを使用する必要がある最も一般的な理由のいくつかを次に示します。

人件費の削減

カスタム カット メタル シートを購入する際に、人件費を削減する方法がいくつかあります。そのための 1 つの方法は、製造業者からステンレス鋼を購入することです。これらの企業は、ステンレス鋼板をお客様の仕様に合わせて切断するための適切なツールと経験を持っています。ステンレス鋼をサイズに合わせて切断するもう 1 つの方法は、自分で切断することです。適切なカットを得ることができるように、完成品の正しい測定値を持っていることを確認してください.

ステンレス板の切断方法には、さまざまな方法があります。 1 つには、チョップ ソー、研磨のこぎり、弓のこ、帯のこ、研磨のこぎりを使用できます。これらのツールは、ガスの種類、切断圧力、および切断速度を自動的に選択します。このプロセスは、長期的には時間とお金を節約します。ただし、ステンレス鋼板の切断を専門業者に依頼したくない場合は、機械を使用できます。

材料の無駄を減らす

廃棄物を減らす方法は、金属を切ることだけではありません。実際、材料費も削減できます。プラズマカッターを使用すると、この目的に特に役立ちます。切りくずがなくきれいな切れ味で、さまざまなゲージに使用できます。また、大量生産に使用する場合、非常に費用対効果が高くなります。このタイプの切断のもう 1 つの大きな利点は、室温で使用できることです。これにより、使用前に板金を予熱する必要がなくなります。

けがを防ぐ

ステンレス鋼板は、さまざまな工業用途に使用される汎用性の高い素材です。そのざらざらした表面は、凹凸パターンと質感を特徴としています。これらの質感のある素材は軽量で耐久性があります。天井タイル、壁のクラッディング、その他の建築プロジェクトに最適です。反りや腐食に強く、上品な外観を提供します。ステンレス鋼板は、304 と 316 の両方のグレードで利用できます。

ステンレス鋼板はさまざまな厚さで利用できるため、軽量材料の成形に最適です。ゲージが高いほど、金属は薄くなります。ステンレス鋼板は通常8ゲージ以下です。ただし、より厚い金属は板金とは見なされません。ステンレス鋼板は、ほとんどすべての用途に合わせて、カスタム カットの形状とサイズで入手できます。特注鋼板の専門メーカーにお問い合わせいただければ、ご希望のサイズ・形状の鋼板を簡単にご購入いただけます。

プレカットされた板金はより正確です

精度 ステンレス鋼板金加工 低コストで大規模な製品を作成するための推奨される方法です。このプロセスには、慎重な計画と設計が含まれます。精密板金加工には、欠陥を最小限に抑え、すべての部品が正しく適合するようにすることが含まれます。細部への細心の注意も含まれています。プレカット板金サプライヤーを選択することには多くの利点があります。以下は、プレカット シート メタルの多くの利点のほんの一部です。

プレカットされた板金は、より正確で正確になります。それらはセルフカットシートよりも速く製造でき、安価です。ただし、パーツに多くの曲がりがある場合は、プレカット シート メタルの方が正確です。また、プレカットされたピースは、正確な形状のサイズにすることができます。標準化されたツールは、板金を迅速かつ正確に切断するのに役立ちます。この方法には精度が必要です。

高価な処理施設の使用を避ける

プラズマ切断は、ステンレス鋼シートをカスタム切断する汎用性の高い方法です。その高エネルギー アークは、金属が切断される前に最低温度まで冷却されます。その結果、ドロスのない溶接可能な切断が得られます。表面が反射するため、厚いステンレス鋼シートにはプラズマ切断をお勧めします。この材料は食品サービス施設に販売されることが多く、レーザーでこの金属を切断することは困難です。

プロジェクトの素材を選択するときは、その耐久性を考慮する必要があります。プロセスは酸化亜鉛を大気中に放出するため、メッキ前のシートメタルを溶接に使用することはできません.労働者や環境にとって健康的ではありません。メッキ前のステンレス鋼は長持ちしません。最高の品質を求める場合は、防錆性の高い金属を選択する必要があります。ただし、コーティングを使用して材料の防食特性を強化することはできますが、リード タイムとコストも増加します。

すぐに使える素材

カスタム カットのステンレス スチール シートは比較的薄く、さまざまなサイズが用意されており、ほとんどのシートの上限は 6 mm です。カスタムカットも可能で、ほとんどのサプライヤーはカスタム形状とサイズを製造するための金属切断サービスを提供しています。正確なサイズのシートが必要な場合でも、カスタム形状が必要な場合でも、カスタム カットは優れたオプションです。

ステンレス鋼は高品質で耐久性があり、比較的加工しやすい素材です。大規模な産業プロジェクトから複雑な電子機器まで、さまざまな目的に使用できます。素材は炭素とクロムの合金で構成されており、平均含有量は 10.5% です。正確な内容は、アプリケーションによって異なります。ステンレス鋼は熱間圧延または冷間成形が可能で、入手可能な最高品質の鋼種です。

結論は

一般的に言えば、カスタム カットのステンレス鋼を検討すべき理由はいくつかあります。これらの利点には、幅広い選択肢、コスト削減、大型プレートの処理経験が含まれます。カスタムカットのステンレス鋼を提供することに加えて、一部の企業は、大きなサイズとさまざまなグレードも提供しています.カスタム カット ステンレス鋼の利点について詳しく知りたい場合は、プロセスの利点と機能について詳しく説明してください。

コメントを残す